【ポーカー】10NLで壁に当たる

12月30日成績

勝てねーぞクソが!

Fast Holdemってのがメインでやっているzoomなのだが、2NLと5NLで5000ハンドずつ打ってわりと安定して勝てそうな感じだったので、10NLもそう難しくないかと思ったら甘かった。
実収支こそ-46ドル程度だがEV(期待収支)の方は-155ドルなわけで、完全に負け組。

Fast HoldemじゃないHoldemは普通のリングゲームでそちらでも大負けしているが、これは少し前にあったプロモーションのマイルストーン狙い(マイルストーンはzoom対象外だった)でテーブルが荒れているのに巻き込まれてしまったため(とはいえEVもマイナスなわけで負け組なのは変わらないが)。

とりあえずまだ諦めるつもりはないけど、10NLでこれじゃ先が思いやられるわ。
ちなみに多面打ちはほとんどしておらず、zoomだと1時間で250ハンド程度なので大体100時間くらいは打っている計算。

【ポーカー】ホールデムマネージャー導入

ホールデムマネージャーを導入した。
HUD(ヘッズアップディスプレイ)と言われる統計表示ツールで、自分のプレイの傾向は勿論、相手のデータも収集してくれる。
zoomみたいに毎回相手が変わるテーブルでは相当ハンド数をこなさないと効果が薄いが、通常テーブルやトーナメントではその日だけのデータであっても役に立つだろう。
以下のような感じで、プレイヤーの付近に統計データを表示出来る(位置調整も可能)。

holdem manager

テーブル内で表示出来る項目(スタッツ)は多岐に渡るが、VPIP(参加率)、PFR(プリフロレイズ率)、3Bet(プリフロでのレイズに対するリレイズ率)、Fold to 3Bet(3Betに対するフォールド率)あたりはみんな表示しているようだ。
↑の画像では、

プレイヤー名/ハンド数/VPIP/PFR
3Bet/Fold to 3Bet/CB(コンティニュエーションベット率)/aggF(アグレッシブ指数)

となっている。

麻雀だったら過去に同卓した相手の和了率、放銃率、副露率、立直率が打っている最中に表示されていて、和了した場合の平均巡目や副露してからの和了率、放銃率等の細かい統計なんかも必要であれば表示出来るという感じ。
上手い人は当然全てツールに頼らずとも元から意識している数値なので、高レートでツールによるテーブル内での統計表示を使わずに勝っているような人もいるらしい。

収支も含めて自分のプレイが全て記録されるし、特定のハンドをリプレイしたりも出来るため、自分のプレイ傾向を分析出来るという要素もある。
前述のテーブル内でHUDを使用していない勝ち組の人達も、自分の統計データを分析するためにHUDの導入はしているとの事で、オンラインポーカーをやり込んでいて使っていない人はいないのではないかというレベルで浸透しているらしい。
今のところリングゲームはzoomでしか打っていないため、スタッツ表示はあまり使いこなせていないのだが(英語のツールなので細かい設定が面倒ってのもある)、自分のスタッツが分かるだけでも面白いし、麻雀でもそうだったが自分のプレイを分析するのは上達するためには必須だと思う。
元々統計データなんかが好きなオレとしては、自分の統計データを見られるだけでも導入して良かったと思っている。

というわけで素晴らしいツールなんだけども、唯一の難点が有料な上に少々高いという…w
通常版が100ドル、スモールステークス版でも60ドル、ホールデム+オマハ版が160ドル。
スモールステークス版は50NL($0.25/$0.50)までのレートでしか使えず、トーナメントもバイインが22ドルまでという制限あり。

30日間体験版が使えるので現在はそれを使っている状態だけど、もう期限切れを待たずに買ってしまっても良いかと思っている。
最低でも200NL($1/$2)のレートまでは打ちたいと思っているので、通常版を買う予定。
オマハは今のところやるつもりが無いので、ホールデム+オマハ版の方は買わない。
ホールデム+オマハ版に後でアップグレードする事も出来るらしいから、オマハやるようになったら改めて買えばいいだろう。

【ポーカー】マイクロレートですら勝てる気配が無い件について

全然勝てねー。
マイナス11ドル(550BB)まで来てしまったぞ(´・ω・`)

基礎としての確率の知識が頭に入りきれてない感じ。
でかい負けをくらった時の例として、
「ハンドAKo、プリフロで他から3BB(6セント)レイズ→オレが9BBリレイズ(18セント)→その相手が2ドルちょいのオールイン…」
これをコールしてしまったら、相手が見事にAAで死亡。
今考えると、AKoでプリフロオールインをコールするのは期待値マイナスっぽい。

今のところオレが参加してきた中ではプリフロオールインは滅多に起きず、起きた時は大体QQ+のハンドだった。
AAやKKは勿論、QQ以下のポケットペア相手であってもAKoでは勝率が45%程度しかないのだから、AAやKKの可能性が高い事を考えるとコール出来ない。
相手がポケットペア以外ならOKなわけだけど、前述のように今のところマイクロレートでのプリフロオールインは明らかにQQ+が多いので、やはりコールの期待値はマイナスだったのだろう。
相手がショートスタックだったり、長い間同じテーブルにいてルーズなプレイヤーだと分かっている場合はまた違うのだろうが。

1000ハンドもプレイしていないのでサンプル不足だけど、ひゃっほう掲示板のスレを色々見た限りではやはりマイクロレートでのプリフロオールインはQQ+の可能性が高いっぽい。

どうせオールインするならこっちからオールインする流れにしないとダメだな。
プリフロに限らないが、悩むような状態でのコールは禁止くらいに思っておいた方が良さそうだ。