【天鳳】六段に昇格

3ヶ月前に六段昇格に結構近づいていたわけですが、 
その後ポイントが減っては溜まって減っては溜まってを繰り返し、 
「なんで昇段が近づくと急に不調になるんだよ!!!!」 
とブチ切れる日々を送っておりました(´Д`) 
 
ゲームでここまでむかついたのはRO時代に精錬を行なっていた時以来で、 
廃棄予定の放置してあったキーボードを引っ張り出してきて、 
キーボードクラッシャーばりに破壊してストレスを発散していますorz 
 
…とまぁ、メンタル面はなんとも酷い状態だったわけですが、スーパー確変がやってきてくれたおかげでやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと六段に昇格する事が出来ました。 
 
 
tenhou_prof_20110619
 
 
 
五段に昇格した時の画像が見つからないので(保存してなかったのかも)、 
五段から六段まで何試合したのか正確には分かりません。 
四段に昇格した時190試合で、四段から五段までは100試合もかかっていなかったと思うので、少なくとも六段昇格までに500試合以上しています。 
しかもほぼ東南なので、かなり時間がかかってしまったと言えるでしょう。 
鳳凰上位陣の方々は新アカを作っても500試合程度で鳳凰まで行けてしまうらしいので、800試合で鳳凰どころか六段までしか行けていないオレとは腕が違いすぎるわけで…。 
 
某でらほやな人によると、 
牌譜を丹念にチェックし、反省点等をまとめたノートを何冊も作ったそうで。 
鳳凰民の方々は多かれ少なかれ、このような努力をしているのでしょう。 
 
そのような鳳凰民の方々に比べ、オレはハッキリとした「強くなるための努力」は何もしていないも同然なので、特上卓で苦戦するというのは当たり前の結果ですね。 
今は天鳳始める前の勘違い野郎だった自分が恥ずかしくて仕方ないですw 
雑誌のコラムとか、戦術書をちょっと読んだくらいで強くなれたら誰も苦労しないよなぁ…。 
 
また苦戦し始めたらこのブログで牌譜の研究記録でもつけてみますかね…。 
 
 
ちなみにスーパー確変の内容ですが、「2→1→1→1→1→1(昇段)→1→2→1→1→4」でした。 
しかも6連勝のところは1回を除いて全て5万点以上のトップ。 
高い手ばかり入り、うっかりミスってもそれが結果オーライだったりと、正に馬鹿憑ハリケーンな鉄壁状態でした。あまり上手く打てていない状態からいきなり始まったのも同じだしw 
 
 
tenhou_prof_20110620
 
 
ここまで育って終了。 
六段になった事でラスが-120ポイントになったので、 
ここから増やすのは五段時よりに更にきついわけです。 
降段したらマジで心が折れると思うので、ラス回避の腕を上げたいところですのう。 
 
 
…鳳凰卓まであと1065p

【天鳳】逆確変

3月9日天鳳
 
 
4連ラスくらいました。-420pとか痛すぎ(´・ω・`) 
 
調子が良いと押せ押せになってしまう癖がオレにはあるようで、 
5巡目、オタ風の西を鳴いてる親に「まだ大丈夫だろう」とダブ東を切ったらそれが18000放銃。 
オレの手は自風北バックの糞手だったので、少なくともしばらく東は抑えておくべき場面でした。 
当たらなくても鳴かれるだけでかなり痛いですし。 
 
で、この半荘はそのままラス。 
 
03/09 | 牌譜 | 特南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2011030903gm-0029-0000-3adfc33d&tw=0 
4位 A:RADA(-52.0) B:nutsu928(+14.0) C:CANK12(-27.0) D:funky@32(+65.0) 
 
そしてここからボロボロに。 
手がかち合って負けるのは勿論、安全そうな牌で刺さったり、周りがやたらツモったりとか。 
最悪だったのが、親番で下家からダブリーが入り、ツモられてそれが倍満。 
 
どうやら六段への昇段すら一筋縄ではいかないようです。 
 
 
…鳳凰卓まであと1755p