【ポーカー】今後の方針

やっぱりなんだかんだでもうちょっとNLHE強くなっておきたい感。
収支だけを求めるならNLHEじゃなくてPLOやミックスゲーム鍛えた方が良いんだろうけど…。

ワールドトリガーの荒船さんみたいな方針を目指してたわけですよ。
NLHEをある程度まで強くなったらPLOに移り、同じようにある程度まで強くなったら別のゲームに…と繰り返してオールラウンダーになるっていうね。
しかしNLHEで早速つまずく…まあ僕は完全に努力不足だから当然の結果。
やはりダイレクトにお金が動く世界は厳しい。その厳しさがいいのだけれど。

当初は100NLで±0を目標にしてたけど、下方修正して50NLで±0目標という事で。
過去通して50NLでEV5000bbくらい撒いてる(上振れて実収支は-3000bbw)身としてはこれがクリア出来るだけでもかなり達成感ある。
正直50NL勝ち組ならワールドトリガーでのマスタークラスと言ってもいいんじゃないかと思うくらい50NLが強い気がするし。

ワールドトリガーネタがしつこくてすみませんが、大好きな漫画なのでw
休載が悲しすぎる…。ジャンプ連載中の作品で一番好きだったのに…。
ハンターハンターといい、一番面白い漫画が休載してしまうのは辛い。
無理に描いてもらってつまらなくなるよりはマシかもしれないけど。
特にハンターハンターは冨樫先生の凝り性なところが面白さに繋がってるんだと思うし。

閑話休題。

とりあえず今の自分では50NLで勝てる気が全くしないので、一旦25NLに戻る。
25NLはもうずっと打ってなかったから、正直25NLで勝てるかも分からない(;´Д`)
折角HM2あるのに自分のプレイ分析とか全然やってなかったので、5万ハンドくらい打ったらやってみよう。
こういう座学要素が自分に一番足りてないところだし。

並行してトーナメントの練習もしておきたい。
中盤後半から終盤のプレイが全然出来てない気がする。
ノーマルスピードのトーナメント打てる時間があまり取れないのがなぁ…。

【お金絡み】ハピタスのビジネスモデルについて

ハピタスでちょこっと稼ぐ話」で書いたハピタスがどういうサイトかという話。

「ポイントサイトで稼げるっていきなり言われても怪しい話にしか見えない!」
と思う方も多いかと思います。

「いやホントにちょっとの手間で絶対稼げるから!」
と言いたいところですが、それだけ言っても怪しさが増すばかり…w

というわけでハピタスのビジネスモデルについて説明します。
公式発表ではなく僕の推測ですが、概ね間違いないはずです。

ビジネスモデルの根幹にあるのはアフィリエイトです。
ハピタスに掲載されている広告を通してユーザーがサービスを利用し、企業は広告を通して買われたのを確認してハピタスへアフィリエイト報酬を支払います。
その見返りとして、ユーザーはハピタスからポイントをもらえるというわけです。
基本的にはアフィリエイト報酬とポイント換金による支払いの差額がハピタスの収益となっているはずです。
お金の出処は企業で、ハピタスは中抜きしているような感じという事ですね。

それ以外にもネットショッピングする際の傾向についてのデータ収集や、ハピタスのサイトに貼られているアドセンス等、並行して利益を得ている部分もあるでしょう。
退蔵益(死にポイント)が期待できるとはいえ、ハピタスは利用される頻度の高いショッピング系案件の還元率がかなり高いので、中抜きだけだと収益がそこまででもない気がしますし。
大口契約でアフィリエイト報酬率も高いのでしょうけど。

このようにお金の流れはわりと単純です。
ユーザー側の金銭的なデメリットは本当に何も無いので、一方的に得できます。
金銭的でない部分としては広告を踏む手間がかかるのがデメリットです。
手間の部分をどう感じるかは人によると思いますが、ショッピングの金額が小さい場合は得られる金額も大した事ないので、面倒さの方が上回るかもしれません。
細かく稼ぐのが好きじゃない人は、FXやクレカ等の高額案件だけやれば良いでしょう。